沿革

ジェネシスヘルスケアは2004年に設立して以来、遺伝子検査受託業務、バイオマーカー探究開発研究、AAV技術法に基づく遺伝子治療等の事業発展に努め、遺伝子解析関連市場における最上級の安定性と規模を有する企業へと成長を遂げて参りました。

年表

2004.03 2名の共同創業者により設立
2004.09 遺伝子治療研究・支援開始
2005.03 医療機関・アカデミア向け受託解析開始
2008.06 「GeneLife 」ブランド誕生
2010.09 日本にて遺伝子治療の特許を取得
2011.03 受託件数 累計10万件突破
2011.04 ジェネシス遺伝学研究所設立
2012.02 Web上で結果確認ができる個人向けキット「アルコール代謝関連遺伝子検査キット」販売開始
2012.05 遺伝子を調べてリスクを判定する遺伝子検査キット「GeneLife」シリーズ4 種販売開始
2012.06 受託件数 累計20万件突破

DNA BANKING キット販売開始
2012.07 歯周病遺伝子同定検査開始
2012.12 68の遺伝子を一度に検査できる遺伝学的検査キット「GeneLife2012」販売開始

医療機器製造業、第三種医療機器製造販売業許可取得
2013.04 「GeneLife(ジーンライフ)遺伝子検査キット」にWeb上(パソコン・スマートフォン)での結果確認機能追加
2013.06 受託件数 累計30万件突破
2013.09 オンラインで行う医療機関向けキットGIGR( Cancer / GWAS )サービス開始
2013.12 ミトコンドリアDNAを調べて母方のルーツをたどる祖先遺伝子検査キット「GeneLife Haplo」販売開始
2014.03 設立10 周年

203遺伝子・70項目を一度に調べる遺伝子検査キット「GeneLife ZERO」販売開始
2014.05 AGAのリスクを調べる「A R 遺伝子検査キット」販売開始
2014.09 1000以上の遺伝子・330項目を一度に調べる遺伝子検査キット「GeneLife NEO」販売開始
2014.10 75項目の性格・行動・特徴に関する遺伝子を検査する遺伝子検査キット「GeneLife Myself」販売開始

ジェネシスメディカルクリニック六本木 提携
2015.06 受託件数累計40万件突破
2015.07 三井物産・FoundersFundを引受先とする約6億2000万円の第三者割当増資を実施

日本を代表する漫画家、手塚治虫さんのベレー帽に残っていた違髪から遺伝子を解析する「手塚治虫遺伝子解析プロジェクト」発表

360項目を一度に調べる遺伝子検査キット「GeneLifeGenesis」販売開始

キットパッケージリニューアル

業界初全国地上波CM放映
2015.08 医療機関向けにBRCA1/2家族性乳がん遺伝子検査を開始
2015.11 アジア向けに「GeneLifeGenesis」(英語版)販売開始
2016.06 「GeneLife」は個人遺伝情報取扱協議会(CPIGI)が消費者向け遺伝子検査サービスを行う企業・団体の事業を対象にした認定制度「CPIGI認定」を取得
2016.10 受託件数累計50万件突破
2017.04 ジェネシスヘルスケア株式会社とジェネシス遺伝学研究所を統合
2017.08 楽天を引受先とする約14億円の第三者割当増資を実施
2017.09 約1,500遺伝子約360項目を一度に調べる「GeneLifeGenesis2.0」販売開始
2017.10 遺伝子検査の会員サービス「GeneLifePremium」販売開始


up