食品検査(食品遺伝子鑑定、異物同定など)

200万件のデータベースを利用して構築された食品検査サービスのプラットフォームを活用し様々なニーズにお応えすることが可能です。

【基本テスト項目】

■クリアビュー [食品および成分の分子内容を分析]
クリアラボが蓄積した提供元、食品、加工品に関するすべてのデータを格納する、食品分析用のクラウドベースのプラットフォームです。食品メーカーなどから、提供された食品サンプルを分析し、異物混入や微生物検査のみならず、農薬、ホルモン、抗生物質、重金属、栄養価といった項目も解析することが可能です。これによって、例えば品質比較などが行えます。

■GMOテスト[遺伝子組み換え食品検査]

GMOスクリーニングと作物特有のDeep GMO Test の2種類の検査を提供しており、食品メーカーから提供された食品に遺伝子組み換え食材が含まれるかどうかを検査いたします。GMOフリーの表示を確認し、何らかのアレルゲンをもつ人々の健康管理に取り組むのに役立ちます。このプロセスはDNA抽出から始まり、GMOトレースの検出、品質検査、そして、最終的にデータベース内の情報を比較され、ランク付けされます。

■WGSテスト[細菌検査]

食品医薬品局(FDA)や疾病対策センター(CDC)などの団体が病原体の規制に使用する検査の一種である全ゲノム配列解析を提供しています。病原菌がどの原料由来で発生しているかなどの早期発見に繋がり、供給者は迅速な問題解決と最小限の被害にとどめることができます。

■マイクロバイオームテスト[微生物検査]

食品原材料や加工品、食品の微生物検査のみならず、人間の腸内環境の検査など、様々な応用が考えられる検査です。クリアラボ独自のデータベースと解析用のプラットフォームを使用することで、迅速に菌種の同定に繋がります。 

      

※価格・納期に関しては以下よりお問い合わせください

up