情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

ジェネシスヘルスケアは、お客様の個人情報及び個人遺伝情報を適切に保護することが、当社の事業活動の基本であるとともに、社会的責務と認識し、それらを含む情報資産を適切に脅威から守り、機密性・完全性・可用性を確保、維持し、事業継続を確実にします。 情報セキュリティとは、機密性・完全性・可用性で表すことができ、当社では以下のように定義します。

  • 機密性:漏らしては困ることつまり、アクセスが認可された者だけが、情報にアクセスできることを確実にする
  • 完全性:壊れては困ることつまり、情報および及び処理方法が正確であること及び完全であることを保護する
  • 可用性:使えないと困ることつまり、認可された利用者が必要な時に情報及び関連する資産にアクセスできることを確実にする

情報資産とは、知り得た・お預かりした・蓄積した情報(形式は、紙媒体・電子媒体・PC等に保管されたデータ、従業員の保有するノウハウ)と定義します。
適用範囲は、当社の業務に携わる全ての人員が一体となって継続的な情報セキュリティ対策に取り組むことから全社とします。

up