お問い合わせ:0120-863-438
平日 10:00~17:00 (土・日・祝を除く)

家族性乳がん遺伝子検査

一生に一度の検査で「乳がん・卵巣がん」の
発症リスクを知り、予防と早期発見の時代へ

乳がんは日本人女性の11人に1人が発症する
疾患といわれています。※1
また、卵巣がんも近年増加しており予防と
早期発見が重要とされています。
※1 国立がん研究センターがん対策情報センター
「がん情報サービス」最新がん統計

乳がんに・卵巣がんにも、さまざまな種類がありますが、特定の遺伝子に
変異のある「家族性乳がん」の場合は、通常の乳がんと比べて、
50歳までの発症リスクが16倍~25倍※2
といわれています
※2 NEJM;357,2,:154-62,2007
発症リスク

本検査では「BRCA1」「BRCA2」という遺伝子を調べます。
2013年に米国の女優アンジェリーナ・ジョリーさんが
検査を行いリスク軽減の処置を行ったことで有名な検査です


【Q, 家族性乳がん・卵巣がんとは】

乳がん・卵巣がん全体のうち約5~10%が該当するといわれており、発症に特定の遺伝子の変異が関わる乳がん・卵巣がんのことをいいます。


【Q, BRCA遺伝子とは】

遺伝子にはさまざまな種類があり、それぞれの遺伝子には名前と役目があります。 BRCA(ビーアールシーエー)遺伝子というのは、多数存在する遺伝子の名前の1つで、「BRCA1」「BRCA2」の2つがよく知られています。 BRCA遺伝子を調べた結果ほかの健常者との違いが見られた場合、将来、家族性乳がん。卵巣がんにかかる可能性が高くなることがわかっています。BRCA1/2遺伝子は、家族性乳がん・卵巣がん症候群の発症に関与しています。


国内の遺伝子検査専門機関で解析、
価格も身近になりました

今まで海外企業からの提供が主な検査であり、価格が高価でしたが国内にある
当社の遺伝子解析専門機関にて解析を行うことで検査価格も身近となりました

■検査価格の比較


当社の検査価格 9万8,000円
医療機関A 検査価格 22万円
医療機関B 検査価格 25万円
医療機関C 検査価格 30万円

検査は国内の遺伝子解析専門機関で行います

■検査の特徴

※市場価格は2017年4月時点の自社調べです。

以下に1つでも該当する場合は家族性乳がんのリスクを知っておきましょう

■検査の流れ

■本検査の概要

検査名称 家族性乳がん・卵巣がん遺伝子検査
検査対象遺伝子 BRCA1遺伝子、BRCA2遺伝子
お申込み期間 4月25日(火)~ 募集を終了いたしました。
検査価格 98,000円/人(税抜)
(※市場価格20万円~30万円の検査です)
検体の採取、
ご返送の方法
検査キットがお客様のお手元に届きましたら、付属の採取具にて唾液を採取していただくだけですので、痛みもなくご自宅で採取可能です。採取後に郵送にて検査試料をご返送ください。
結果のご報告 5月下旬以降、順次ご報告させていただきます。

当社指定の医療機関にご来院いただき、
専門家よりご報告させていただきます。

【指定医療機関】
名称:医療法人社団 創世会
所在地:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー4F
GoogleMapで開く
その他 ・本検査のお申し込みにあたり、検査キットに付属の問診票にご回答いただき、検査申込同意書とともにご提出いただきます。検査申込同意書と問診票の両方のご提出が確認できない場合は遺伝子解析を開始いたしません。ご注意ください。

・本検査の実施にあたり、当社指定の医療機関にて事前カウンセリングのご相談を受付しております。事前カウンセリングは有料となりますので、あらかじめご了承ください。

■お申込みの条件(※必ずお読みください)

検査同意説明書の確認はこちら(PDF形式:252KB)


■検査に関するFAQ

遺伝子にはさまざまな種類があり、それぞれの遺伝子には名前と役目があります。 BRCA(ビーアールシーエー)遺伝子というのは、多数存在する遺伝子の名前の1つで、「BRCA1」「BRCA2」の2つがよく知られています。 BRCA遺伝子に変異があった場合、 50歳までに乳がん、卵巣がんを発症するリスクはが16倍~25倍高くなることがわかっています。BRCA1/2遺伝子は、家族性乳がん・卵巣がん症候群の発症に関与しています。
ご自宅に検査キットをお送りいたしますので、付属の採取具にて 唾液を採取しご返送ください。約2カ月程度で検査が完了いたしますので、当社指定の 医療機関(医療法人 創世会)よりご連絡申し上げます。検査結果のご報告は 専門家からのカウンセリング形式となり、ご来院いただいた日に実施いたします。
検査に関しては、さまざまな論文や、実証データを基に行っています。 BRCA1/2遺伝子の変異がある方は、家族性乳がん・卵巣がんにかかるリスクが、 変異の無い方より高くなるというものです。検査機器や検査方法は世界的に確立されている 方法で行います。
技術の進歩やニーズの拡大にともなって、価格が大幅に下がり検査が受けやすくなりました。 事前に発症リスクがわかる事により、主治医とともに予防・対策・治療方法などの計画を 立てる事が出来ます。
検査結果が陽性の場合、心理的負担が大きいことが予想されます。 ただし、たとえ陽性の場合でも当社指定の医療機関よりご希望に合わせて、 専門医療機関をご紹介するなどのフォローアップを行います。
はい。問題ありません。当社の提携する医療機関をご案内いたします。 まずは、お電話にて応対いたします。その後、医師または専門家とのカウンセリングを ご希望される場合は、しっかりと、ていねいに時間をかけてお話を聞かせていただきます。

※事前カウンセリングは医療機関の通常の診療扱いとなり有料となりますので、 あらかじめご了承ください。
お問合せ先:医療法人社団 創世会:http://genesis-mc.com/inquiry/
ご家族やご親戚に家族性乳がんを発症した方がいる場合、本検査を受けることは 意味のあることとされております。BRCA1/2遺伝子検査を受けるメリットやデメリットを 十分にご理解いただいた上で、ご自身でご判断されることをおすすめします。

もし、ご相談が必要な場合は当社指定の医療機関までお問い合わせください。
お問合せ先:医療法人社団 創世会:http://genesis-mc.com/inquiry/
陽性となった場合は、カウンセリング時の医師や専門家の指示に従ってください。 ご希望に合わせて、専門医療機関をご紹介するなどのフォローアップを行います。
遺伝子検査の結果が陽性でも、現時点では発症していない場合が多々あります。 定期的な検診による早期発見と、発症させない、発症を遅らせる生活習慣を 心がけていきましょう。
すべての方が対象ですが、下記の項目に1つでも当てはまる場合は家族性乳がんのリスクを知っておくことが望ましいでしょう。
  • 50歳未満で乳がんを発症した血縁者がいる
  • 年齢を問わず、卵巣がんになった血縁者がいる
  • 年齢を問わず、初発乳がんを2個以上発症した血縁者が1人以上いる
  • 男性乳がんになった血縁者がいる
  • 乳がんになった血縁者が3人以上いる
  • BRCA遺伝子に変異のある血縁者がいる
  • トリプルネガティブといわれた乳がん発症者が血縁者にいる

遺伝情報の管理・保管体制について

当社はお客様の遺伝情報の保管にも万全の体制を導入しています。 日本の法律上、個人遺伝情報は個人情報保護法に基づいて管理を行っており、検査後にお申出いただければ、個人遺伝情報及び個人情報のデータ削除も承っております。個人遺伝情報及び個人情報の取扱いは、経済産業省が定めているガイドライン「経済産業分野のうち個人遺伝情報を用いた事業分野における個人情報保護ガイドライン(平成29年3月29日策定)」を厳守しており、お客様からお預かりした検査試料はID番号により匿名化された状態で厳重に管理しております。 つまり、個人が特定されることができない厳重なセキュリティ体制を導入しております。また、特定非営利活動法人個人遺伝情報取扱協議会の自主基準、および関連学会のガイドラインを遵守しています。

解析技術について

当社では自社の研究所及び解析センターを運営しております。解析の品質を左右する最新及び最先端の解析機器を備え、検査にはPCR、シーケンサー、DNAチップなどの技術を使用しております。本検査には次世代シーケンシングの技術を使用しております。

科学的根拠について

遺伝子検査は、近年、様々な形で消費者の注目を集めているとともに、遺伝子解析技術の低価格化・高度化に伴い、予防目的や医療での診断などで用途が拡大しています。今後、遺伝子検査の利用が促進されることで、各個人がより安全で有効性の高い医薬品や治療方法を選択できること、また健康維持増進のための有用な情報を自ら得られることが期待されています。一方で、現在ゲノム情報は既に8割以上が解読されていますが、遺伝子検査は発展途上の分野であり、研究成果の集積段階にあります。そのため、科学的根拠が不十分である場合もございます。
当社では、ジェネシス遺伝学研究所の研究者が次の項目を重点に置き疾患と解析する遺伝子を選択し、結果報告を行っています。

①対象集団:基本的に東アジア人もしくは日本人で科学的根拠がある。
②論文名・著者・発行年。
③参考としている論文の評価。

当社では遺伝子分野でのリーディングカンパニーとして科学的根拠の妥当性を評価するにあたり、あらゆる角度からベストプラクティスを試みていますが、個体差を表す遺伝子研究が10年程度の歴史しかない新しいサイエンス分野であることから、再現性が低い場合もありますので、解析結果から得られる情報が限定的であることをご理解の上、ご使用ください。また、遺伝子の解析結果のみをサービスとして提供しており、医療情報等は含みませんので予めご了承ください。

倫理審査委員会について

当社は法令等の理解と遵守、情報の取扱いにおける慎重さと正確性を追求し、業務遂行に努めています。また、自社研究や個人遺伝情報の取扱いについて、公正かつ中立的に事業実施の適否を審査する委員会を設置し、事業の安全性を高めています。 

社会への貢献

当社は、遺伝学の発展に貢献することを志しており、科学の発展や知見の拡充を図るだけでなく、研究技術の支援のほか、社会全体における遺伝子解析の啓蒙・普及に努め、技術と知識の共有を図ります。国内外の研究機関と積極的に共同研究支援を随時実地しており、事例では、アルコール依存症研究支援、AAVを活用した遺伝子治療の国際特許申請のスポンサー支援、人類遺伝学における祖先探求研究等があります。また、医療機関との連携にも力を入れており、医療機関向け商品の開発も行っております。医療機関向けの遺伝子検査では国内では初の試みとなる、検査の申込みから報告までをwebで行うサービスを提供しています。寄付制度を通じて、社会的貢献度が高いと評価される研究者や研究室等に対し、研究支援寄付金の付与制度を導入しています。また、「健康、予防、難病治療」をテーマとして活動している非営利団体に対しても様々な支援体制を提供していきます。 

個人遺伝情報取扱審査委員会による審査

当社は、経済産業省「経済産業分野のうち個人遺伝情報を用いた事業分野における個人情報保護ガイドライン」に基づいてジェネシスヘルスケア株式会社個人遺伝情報取扱審査委員会を設置いたします。当該委員会は、当社から独立した立場に立って、科学的、倫理的、法的、社会的、技術的観点から本サービス実施の適否等について審査を行い、適正な事業実施のために意見します。


<お問い合わせはこちら>
ジェネシスヘルスケア遺伝学検査室
0120-863-438
平日 10:00~17:00 (土・日・祝を除く)

infogene@genesis-healthcare.jp

Copyright © GENESIS HEALTHCARE All Rights Reserved.