2018.7.28
お知らせ

ジェネシスヘルスケアの社会貢献活動

ジェネシスヘルスケア株式会社は遺伝子解析および研究を専門に行う検査会社のパイオニアとして、これまでの遺伝学分野における実績と最新の 遺伝子解析技術を生かし、人々の健康で豊かな未来の実現と医療の発展を目指し、社会のために貢献してまいります。

遺伝子検査キットの開発からスタートしたジェネシスヘルスケアのCSRは、遺伝子検査を通じて人々の健康とQOL(Quality of Life:生活の質)の向上に貢献していくことであると考えています。 当社の民間向け遺伝子検査キット「GeneLife」シリーズには、疾患リスクや肥満タイプ、性格などを調べられるさまざまな検査キットがあります。遺伝子検査を日々の健康管理にご活用いただき、より多くの方が健やかで充実した毎日を過ごせるよう、難病や希少疾患なども含めて幅広く疾患啓発に取り組んでまいります。

大人気の「GeneLife Genesis2.0」を100名様にプレゼント!
7月28日は世界保健機関(WHO)が定める世界肝炎デー(WHD: World Hepatitis Day)、そして厚生労働省が定める日本肝炎デーでもあります。肝炎デーにあわせ、疾患啓発と皆様の健康維持の一助となることを願って、指定難病の肝臓病と向き合っている方を対象に遺伝子検査キット「GeneLife Genesis2.0」をプレゼントいたします。ぜひ、毎日の生活や健康管理にお役立てください。

7月28日は世界肝炎デー/日本肝炎デー
肝炎は肝臓に炎症を生じる疾患の総称で、原因によってウイルス性肝炎、アルコール性肝炎、自己免疫性肝炎など種類はさまざまです。世界肝炎デーはB型肝炎やC型肝炎などウイルス性肝炎の蔓延の防止、感染予防、感染者への差別や偏見の解消などを目的に、世界保健機関(WHO)によって2010年に制定されました。日本では2012年に、世界肝炎デーにあわせて7月28日を日本肝炎デーと定め、肝炎の検査受検勧奨、予防や治療に関して正しく理解されるよう啓発活動や情報提供が行われています。