2018.12.28
プレスリリース

ジェネシスヘルスケア、キリンと販売提携

遺伝子検査の最大手企業であるジェネシスヘルスケア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤バラン伊里)とキリン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:磯崎功典)は、ジェネシスヘルスケアが販売する皮膚常在菌遺伝子定量検査キットとキリンが医療機関を通じて販売するプラズマ乳酸菌を使用したサプリメントとの販売において提携し、斡旋を開始しました。また、2019年1月よりキリンの専用ECサイトで、ジェネシスヘルスケアの皮膚常在菌遺伝子定量検査キットの販売を開始します。

ジェネシスヘルスケアは、肌の状態を左右する4つの皮膚常在菌のバランスを検査することで肌状態が確認できる遺伝子定量検査キット「GeneLife SKIN MICROBIOME(ジーンライフ スキン マイクロバイオーム)」を2017年4月から販売し、健康な素肌づくりの支援を行っています。 キリンは、社会とともに持続的に成長していくため、社会課題の一つである「健康」への取り組みを推進しています。近年の健康意識の高まりの中、乳酸菌への注目も一層集まっており、専門家のアドバイスを基に開発したプラズマ乳酸菌シリーズのサプリメント「iMUSE professional」を2017年12月から医療機関を中心に販売しています。

このたび両社が提携し、「GeneLife SKIN MICROBIOME」と「iMUSE professional プラズマ乳酸菌+バリアビタミンC」の販売を相互に斡旋し、両商品の認知および販売を拡大することで、健康意識が高いお客様の課題解決に貢献していきます。具体的には、ジェネシスヘルスケアのECサイトで「GeneLife SKIN MICROBIOME」等を購入したお客様をキリンの専用ECサイトへ誘導し、「iMUSE professional プラズマ乳酸菌+バリアビタミンC」の販売を斡旋します。同様に、キリンが医療機関を通じて販売する「iMUSE professional プラズマ乳酸菌+バリアビタミンC」を購入したお客様をジェネシスヘルスケアの専用ECサイトまたはキリンの専用ECサイトへ誘導し、「GeneLife SKIN MICROBIOME」の販売を斡旋します。

ジェネシスヘルスケアは、国内で唯一、遺伝子解析を専門に行っている検査会社です。遺伝子検査キットを日本で最初に広めたパイオニアとして、確かな研究開発力を持って健康で豊かなより良い未来と人々のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上に貢献していきます。

本件に関するお問い合わせ
ジェネシスヘルスケア株式会社
【広報】
TEL:03-5422-8506
メールアドレス:press@genesis-healthcare.jp