2022.1.27
プレスリリース

GeneLife新型コロナウイルスPCR検査キット
オミクロン株の配列同定、感知を確認

弊社の新型コロナウイルス検査キットをご活用頂き、誠にありがとうございます。衛生検査所としての行政検査業務に加え、企業や個人の皆様に検査キットをご活用頂き、検査開始から累計70万人以上の方々に新型コロナウイルス検査キットを提供させて頂いております。

弊社は、衛生検査所を有することに加え、遺伝子を専門としている研究機関でもあることから、常に変異株が敏速に感知できるよう、シーケンス(配列)確認及び新たなVOC(Variant Of Concern)に該当する変異株の専用プライマー及びプローブセットを活用し、精度管理を随時行っております。

昨年末までデルタ株が主流であった所、今般の第6派の主流となっているオミクロン株のシーケンスの配列確認(Validation)が1月4日より、GeneLife国内キット及び国際キットいずれにおいてもオミクロン株の感知が確認されております。

今後も検査機関及び研究機関として、新型コロナ株で見られる変異株については配列レベルでの検証を行い、安心して弊社の検査サービスをご活用いただけるよう、高い精度管理を徹底して参る次第でございます。

お知らせ
令和4年1月26日時点で解析及び感度が確認できている変異株

感度が確認できている変異株(Variants of concern):
1) アルファ株 全バリアント、以下同上
2) デルタ株
3) ブラジル株
4) 南アフリカ株
5) オミクロン株