2022.7.15
プレスリリース

人類の多様性と世界平和を願い、Haplo2.0の売上より613,752円を人道支援に寄付しました

東京, 2022年7月15日 -- 日本を代表する遺伝子検査・研究会社である、ジェネシスヘルスケア株式会社(以後、「当社」)は、Haplo2.0の売上より613,752円を人道支援に寄付しました。

Haplo2.0は、人類の多様性と世界平和への願いを込めて開発されました。特に直近のウクライナ侵略の情勢で苦しんでいる方々へ人道支援に繋がることを目指し、当社は本キットの売上より613,752円を「第12回軽井沢風越カップフィギュアスケート大会」(2022年7月3日開催)に寄付しました。

※同大会の収益金は、東京米山友愛ロータリークラブを通じて、スケート界では馴染み深い国であるウクライナでの支援に寄付されます。

news
Haplo2.0はこちら https://www.genelife.jp/products/haplo2

プレス・メディア関係のお問い合わせは、 press@genesis-healthcare.jpまでお願いします。